風俗とメンズエステの違いについて

風俗とメンズエステの違いについて

男性の間でよく間違ってしまうのが「風俗とメンズエステのサービスは一緒でしょ」と思っている方々が多いのです。両者とも同じ部分もありますが、基本的に全く異なります。

◆風俗

・性的なサービスを提供している
・サービス内容が決まっている
・仕方なく、金のためにと割り切って働いている女の子が割と多い
・男性側から見て、精神的な癒やしを感じることがほとんどなく、肉体的な満足感が必要
・男性が一度でも射精すれば終わる事もある

というのが、おおよその風俗の特徴のように感じます。風俗店では様々な禁止事項があります。

・本番強要の禁止
・連絡先交換の禁止(まれに黙認しているお店も少なからずあります。)
・店外デートの禁止(まれに黙認しているお店も少なからずあります。)
・他店にスカウトすることの禁止

など

これらの点を違反してしまうと、罰が科されてしまう、店への入店禁止になる事もあります。
仮に本番をしてしまったら、自身は気持ち良いと思いますが、間違いなく警察沙汰になるでしょうし、セラピストに心の傷を負わせてしまい、自身だけでなく家族や周囲の方々が失墜します。

◆メンズエステ

・性的サービスは存在しません
・優しくて、上手なマッサージによる心身の癒やしを得る事が出来る
・密着サービスや愚息付近の鼠径部マッサージで、日常で感じる事の出来ない
・独特のドキドキ感、キワドい感覚を楽しむ事が出来る
・女の子(セラピスト)は美人や知的な方々が多く、バラエティーに富んでいるタイプが多い
・風俗と比べて、前向きで明るい女の子が総じて多い

など

というのが、メンズエステのおおまかな特徴です。
無論、風俗にも明るい子や前向きな子はいますし、美人な人もいます。

ただ、個人的に風俗よりもメンズエステの方が多いと感じています。
風俗では感じられないドキドキ感やときめく感覚を味わいたい人、精神的な癒やしを求めている人、女の子の容姿にこだわりたい人は、メンズエステをオススメします。

ここまで風俗とメンズエステの異なる部分を紹介しましたが、風俗と同様なのですが、メンズエステでもいくつかの禁止事項があります。

・シャワーを浴びない
・性的なサービスを強要する
・店外デートに誘う(ただ、お店によっては黙認しているところもあります。)
・連絡先を交換するのは絶対にNG(ただ、連絡先交換は、お店によっては黙認しているところも少なからずあります。)

違反した場合、風俗店と同様に、店独自の罰が科されるなどあります。バレないからいいやという気持ちで、絶対にやらないようにして下さい。

風俗は、結局のところは「男性が射精させるまで風俗嬢が頑張り、射精させてしまえば終わり(無論そうでないお店もあります。)」という一定の雰囲気と流れがあります。ただ風俗嬢と仲良くなれば互いの雰囲気は良くなるでしょうし、大いに楽しむ事が出来ると思います。
(一度の射精ではなく、自身が望めば望んだ分だけ射精をしてくれるかも)そのためには、風俗嬢を指名して複数回通う必要があり、お金も掛かります。

ただ、射精という概念がある以上は、多かれ少なかれ、やることの限界は見え隠れしているのもあります。
風俗嬢は男性の射精までの時間配分を考えて射精させ、終われば仕事終わり。と考える風俗嬢も多く、いかに効率よくして何本指名が入ったか、何本抜いたかということが多いです。

一方、メンズエステの場合、セラピストが気さくに積極的に話しかけてくれる、異空間に甘い香りが立ち込めている部屋でリラックスした自然な笑顔を見せてくれます。その笑顔は作り笑顔ではなく、精神的な癒やしを与えてくれます。

その姿は、まるで恋人と接しているかのよう雰囲気で接してくれます。
風俗にはない「精神的な癒やし」は、とりわけ今の時代には大きな意味があると思います。
現代社会において、仕事や人間関係など多種多様の抱えきれないストレスの種が至る所にあって、常に疲労困憊気味で、人が孤独感に苦しめられがちな現代。

さらには収束したかと思えば変異してしまい人類共通の敵であるコロナと共存しなくてはならない。
withコロナ……メンズエステは男性にとっての心の支えであるべき存在であると思います。

また、女の子が親しく接してくれるので「この子、俺の事好きなんじゃ・・・?もしかしたら恋愛できたりするかも?」といった良くも悪くもない想像をする事も出来るのが良い特徴の一つであると思います。

そして好みのセラピストと出会う事が出来れば、胸の高まりはおさまるどころか激しさを増すばかりです。

激しさを増せば、いろいろな想像する事も可能です。勝手にそんな駆け引きをする事も出来たり、十分に楽しめると感じます。

実現するかどうかは別の話になりますが、メンズエステを利用する自体は何も、悪い事でも恥ずかしい事でもありません。

スポンサーリンク